卯月歌会[令和三年]

コロナ感染の動向に世界中が振り回されて明けた2021年も、瞬く間に4ヶ月が過ぎて
ゆきました。当初は外出できないことに少なからずストレスを感じていましたが、慣れと
は都合の良いもので、家居とマスクは当然の事として、違和感さえ抱かないこの頃です。
若い頃ならそうはいかなかったかもしれませんけれど・・・!しかし人の順応力というの
は恐るべきものがあります!もはやマスクもおしゃれの対象としてしまうのですから。

我が家の周りの田は、もうすっかり田植えを済ませました。上の方から順に水が入り、何
枚もの水田へ宵の月影が白い光を落とし始めると、競う様に蛙たちが名乗りを上げる。そ
してみずみずしい若苗が次々と植えられ、初夏の風になよなよとなびいている姿はとりわ
け愛おしく感じられます。趣のあるお歌がいく首でも詠めそうな、そんな季の話題をかわ
きりに、4月の支部歌会は、透かした窓よりの爽やかな風に吹かれながらの楽しいひと時
となりました。

『4月号誌上より』

・屋根雪のある車ゆき臘梅のしづり真すぐに光り落ちつつ(金丸満智子)

・寒少しゆるむ幾日や板の戸を直す音さへ陽に和むらし(井口慎子)

・立春を目の前にして梅ひらく温もりおぼえ歌をつづれる(山本浩子)

・青虹の社友となりて日々を詠む生くる証にときめきにつつ(中川りゅう)

・夜の明けは猫の額のほどなれどややに早まる心地にうれし(中川寿子)

・薄氷の川面たちまち鴨どりの遊ぶに裂けて緩みゆくなり(後藤まゆみ)

・結露する窓にへのへのもへじ描くもいづれ流れて憂い顔なり(中世古悦子)

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。